« フカひれ | トップページ | boutiqueW blog »

2006年7月16日 (日)

十堰出張からようやく帰宅。

十堰では短い滞在時間だったのですが、打合せのあと、いつもお世話になっている日本料理屋のオーナーさん主催のホームパーティに参加したりと、久しぶりの滞在を満喫。到着した武漢の駅で全身真っ黒の格好を怪しまれ鉄道警察に尋問されるというトラブルは余計でしたが(笑)

そんな訳でかなり疲れたので今日は部屋でのんびり過ごすことに。

部屋に戻ると先日OCSで注文した書籍のオーダーシートが届いていました。装苑とFUDGE6ヶ月分。

改めて費用を確認すると、1冊あたり雑誌代+送料1000円ほど。これを高いととるか安いととるかは微妙ですね・・・。

以前勤めていた会社では送料会社負担で海外派遣者向けに海外への書籍・雑誌配送サービスを提供していたのですが、中には毎号「東京ウォーカー」を購入している人も・・・(笑)

当時は海外にいて東京の情報仕入れても意味ないんじゃない・・・って笑っていたのですが、いざ自分がその立場になると、その気持ち本当によく理解できます(笑)

海外で働いている人を「海外に同化してしまう人」と「日本の生活を維持しようとする人」の2種類がいる気がします。僕は典型的後者!もちろん前者がいいに決まっているのですが、考え方や言葉や生活習慣が全く違う環境で「生活する」だけでなく「働くこと」ことは妥協が許されない分非常にストレスフル。せめて部屋に戻ったときは中国で生活していることを忘れたいと思うのです。

そんな訳でFUDGE8月号の到着を心待ちにしつつ、ソファに寝っ転がってもう何十回と読んだFUDGE6月号のページをめくる日曜日。再来週には日本なんですけどね(笑)

|

« フカひれ | トップページ | boutiqueW blog »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フカひれ | トップページ | boutiqueW blog »