« 登山靴 | トップページ | Waltz »

2006年6月24日 (土)

久しぶりの雨。

外出するのもおっくうなので記事でも書くことに。とPCを開いてみたもののあまりに単調な毎日で記事にするネタがない・・・。

最近、仕事が忙しかったため、会社とホテルの往復だけの毎日。こんな広い国にいるのに、狭い檻の中だけで生活しているような感覚。

そんな生活での楽しみは、ブログやメールでの日本の友人達との会話。たった数行の文章なのに、友人達のひとつひとつの言葉が待ち遠しく、また届くたびに励まされます。

ちょっと電話をすれば日本と変わらぬ会話ができる時代に、大切にひとつひとつの言葉を選んで、それが相手に届くかどうかを気にし、返事を待ち遠しく思う。

そんなひと昔前の文通のようなコミュニケーションが(友人達が思う以上に)今の自分にとって大切な時間になってます。

先日読んだ「女の一生 二部・サチ子の場合」では、幼馴染のサチ子と修平の長崎と東京での手紙のやりとりを中心にストーリーが進んでいきます。手紙の言葉・行間からだけでなく、返事が届くまでの時間からも相手の気持ちを感じるふたり。

相手を想い返事を待つ、、、昔の人はこんな時間を過ごしていたのですね。

そんな時間がこれからも続くよう、雨も上がったのでネタ探しに街に出かけてきます!!

|

« 登山靴 | トップページ | Waltz »

コメント

よし!

(一言>>>>>>>>>>>>>>>数行w

投稿: DIAMOND | 2006年6月25日 (日) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登山靴 | トップページ | Waltz »