« カルティエ現代美術財団コレクション展 | トップページ | パンとジャム »

2006年5月 6日 (土)

いよいよ・・・

一時帰国もいよいよ最終日。

最終日は中国人の同僚から頼まれたデジカメを探しに新宿をウロウロ。サイバーショットT9を2個購入。

一時帰国直前に携帯がぶっ壊れるトラブルもあり、友人と会うことができませんでしたが、逆にのんびりと過ごすことができました。

最後にboutiqueWへご挨拶にと思っていたところにNさんからのメール。boutiqueWの皆さん大変お世話になりました。Yさん最後お会いできず残念です・・・またゆっくりお話しましょう!、Nさんでーと(?)楽しみにしております(笑)、Mさんいい感じです!!

ではお邪魔でなければまた6月弾丸買出しツアーでお会いしましょう!!

Boutiquew

|

« カルティエ現代美術財団コレクション展 | トップページ | パンとジャム »

コメント

私も無事戻りました!そしてKINUさんも一時の休息、お疲れ様でした。心身ともに充実のようでなによりです。早速、三浦綾子本ですね。私もせっかく実家に帰ったのにすっかり忘れてました。今度送ってもらわねば…!そしたらまた号泣談議致しましょう(笑)

さて、田舎は最高でした。言うならば「緑、緑、緑」でした。そんなつもりもなかったのに、青空すぎてしまい、小さい頃に毎日遊んだ家の裏の山や田んぼや小川や公民館など散歩しながら、姪っ子にしろつめ草で首飾りを作ってあげたり、オオバコ相撲してみたりと懐かしさを充分楽しんだ自分がいました。子供時代は当たり前のその光景の中に、想像すらしなかった大人の自分がいて、ただそこが好きだった無知な子供が、そこを離れ経験し、意味を持って好きだと感じていて。客観視と思い出を繰り返し、ここの場所に生まれた幸せを感じてました。
残念なことに今は田舎ですら子供達の遊びも変化しているようで、当時みんなでサワガニをとっていた山の小川までの道のりは人通りがなくなり草で覆われ入れず、食べていた木の実や飛び降りて遊んでいた小山はもう存在せず、そしてこんな天気なのに近所の子供が目に入ることなく…、寂しいなと思う部分もあったのですが、時代が変わり、私達も思われたように今の私達が思い、また次の彼らも思い…、しかし、どの時代でも故郷は故郷で大切さは変わらず存在していて、特別でいて特別ではなくその人の感じるままの存在の故郷のあり方が一番自然なのではと。田舎で素で生きてる人を見て思いました。私にとっての洋服は自然(自分)です。

投稿: y | 2006年5月 8日 (月) 19時42分

お帰りなさい!
中国から言うのも変ですね・・・(笑)
連休中に溜まった仕事で早速忙しくされているのではないでしょうか?

僕も昨日中国に戻ってきました。今日・明日は武漢で仕事をし、明後日ようやく自宅に帰る予定です。

一足早い夏休みは相当楽しかったようですね!Yさんのひとつひとつの言葉に充実した休みだったのだねと伝わってきます。姪っ子さんの溺愛ぶりも・・・(笑)

18歳で途切れた田舎の変わらない風景の中に大人の自分がいる感覚、、、僕もいつも感じていました。何やら思い出の中の風景と混じり合って遠くから眺めているような不思議な感覚。一瞬で18歳の頃の自分と今の自分が繋がったように感じます。

田舎も服や什器と一緒でよい年のとり方があるのかなと思います。日々の生活の中で汚れることも傷つくこともあるかと。でもそれを使う人(住んでいる人)が、受け継ぎ、引き継がれるものとして大切に想う限り、形は変わってもいつまでも遠くに離れた自分達にとっても変わらぬ故郷であるのではと。Yさんの姪っ子さんが大人になった頃自分の田舎をどういう風に想うのでしょうね・・・楽しみでないですか?

服は自然(自分)・・・。個人的にはマルクの裾チョロチョロってほつれてるあたりにYさんっぽさを感じます(笑)

号泣談義楽しみです。ちなみに今読んでいる曽野綾子の「哀歌」もオススメです。読み終わったら郵送します(笑)


投稿: KINU | 2006年5月 9日 (火) 02時38分

お久しぶりです。
郵送なんて、その気持ちが嬉しいです。お会いできた時(そう遠くない…笑)にお願いします!(ちなみに今朝TVに出てました!)

さて、私は田舎に帰ってから緑病にかかってしまったようで、目を閉じると山々なのです(笑)
今回遠出をして熊本の阿蘇山まで行きました。カルデラも良いのですが、何より阿蘇山外輪の山麓は高原の連なりとなっており、そこにいると、ここでは自分の存在とか何とか、何も望まれていなくただ存在だけすればいいのです。今自分が抱えている自分を見つめることができて色々と考え深かったですよ。しかもそこら一体はメインのカルデラとかの「すごい何とか」とかっていうような付加価値の場所ではなく素に近いのでKINUさんも好きだと思います。いつか行く機会があったら普通の感じで楽しんでください(笑)

最近は、普通さと素がキーワードです。
それは自分に対して、自分が思う標準に合わせたい願望のようです!

ではでは、また心の通信となりました(笑)

投稿: y | 2006年5月14日 (日) 13時13分

なんとなくお久しぶりって感じですね(笑)こちらはもう夏のような陽気です。

ではでは帰国した時にお持ちします。もちろん坂本達著「やった。」付きで(笑、絶対読むべし!!)

阿蘇山懐かしいです。インドに行く練習がてらひとりで自転車旅行した思い出の場所です。広島からフェリーに乗り別府→湯布院→阿蘇→熊本→天草→高千穂、2週間の旅。田んぼの中にぽつんと建っている南阿蘇鉄道の小さな駅にテントを張って外輪山に夕日が沈むのをずっとボーっと見てました。また行ってみたいな・・・。それにしても帰省結構イベント盛りだくさんだったんですね!

僕のオススメ旅は・・・信州の上高地!観光地ですがそこから10kmくらい歩いた涸沢というキャンプ場はただただ感動です。360度北アルプスの山に囲まれ、眼の前に槍ヶ岳や穂高岳がそびえています。普通さや素とはかけ離れた世界ですが多分好きになると思います。是非機会があれば行ってみて下さい。登山ガイドとしてお供させて頂きやす(笑)

ではではまた心通信楽しみにしてます!

投稿: KINU | 2006年5月14日 (日) 15時26分

こんにちは。信州は私も好きです!上高地は行ったことが無いのですが写真をみたらとても緑と水が!!これも今の気分です。いつか必ず行ってみますね。

先日、Eさんがご来店くださいましたよ。KINUさん宛てのDMは送らなくてもいいですよ(笑)との事。よきライバルですね(笑)でも羨ましいですよ。日常で接点の無い二人が出会うなんて!!今後もお二人はその輪がもっともっと広がるんでしょうね。

人の縁って不思議ですね。

次はKINUさんの縁話が聞きたいですね~。もしあれば一説お願いします(笑)

投稿: y | 2006年5月19日 (金) 13時03分

こんにちは。こちらはもう真夏日で連日30度超えてます・・・あ~あぢい、、

オーダー会やメンズの準備でバタバタなのじゃないですか??日本は天気も悪いようですし体調には気をつけて。

それにしてもEさん余計な事を・・・(笑)

でも、もし服を好きでなかったら、YさんやEさんとも出会わなかったと思うと、もしかしたら偶然の出会いなどなくて、出会うべき人に出会っているのかもしれないですね。

僕の縁話!?Nさんから何か聞いた??(笑)
ちなみに昨日結婚する気があるのか問い詰められましたが・・・(笑)詳しくは帰国時に・・・。

そんな訳でboutiqueKINUバイヤーとして中国から買い付けに伺います!!

投稿: KINU | 2006年5月19日 (金) 14時13分

Eさんから何も聞いてないですよ~。あらっ、これも偶然の必然でしょうか?(笑)

ちなみに将来の自転車旅行の話など、素敵ですよ。そしてらしいですし!!また、バイイングの際にお話するの楽しみにしております!

そちらは本当に暑いようですね。東京も初夏を感じています。しかし、これから梅雨なんですよね。参りますが、、、しかし、本当は日本の四季を楽しみたいんですよね。年々それが強くなっている気がします。だからなのか今はコットンとリネンをメインで着ています。

夏を想像すると今浮かぶのは昔の日本なんですよね。じりじりとした日差しとセミの鳴く中、汗ばんだ母親が井戸で冷たい水をくみ、白のランニングを着た坊主頭やおかっぱの子供たちがガラスのコップを持って並んでるみたいな(笑)

何なんでしょう、この心境は…(笑)
現代とは全然違う風景が浮かび自分でも不思議で笑えます。しかも昭和!?そして戦前!?みたいな(笑)
想像も色々でその時々で変わるのですが、今はスタイリッシュにいけないようです。
あしからず(笑)

投稿: y | 2006年5月22日 (月) 13時08分

何なんですか?その心境??(笑)

仕事しながら変なこと考えてるYさん想像して笑ってしまいます(笑)いつもいつも想像を裏切ってくれます・・・らしくて好きですけど。

でもこちらに来ると日本の四季は本当に木目細やかだなと実感します。梅雨は梅雨で素敵な日本の四季なんだなと。まぁ暑がりの僕としては全然歓迎しませんが・・・。

ちなみに僕の想像する夏は・・・夕立をぼーっと眺める縁側の風景です。

僕の方こそ色々とお話できるのを楽しみにしています。忙しい最中でしょうからお仕事の邪魔にならない程度にですね(笑)

投稿: KINU | 2006年5月23日 (火) 04時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルティエ現代美術財団コレクション展 | トップページ | パンとジャム »