« 2006S/S shopping list No.2 | トップページ | 2006S/S shopping list No.3 »

2006年3月 7日 (火)

あと1ヶ月

赴任前研修も終わり、2週間ぶりの職場復帰。溜まりに溜まったメール、山盛りの宿題。赴任まで残り1ヶ月。月日が経つのは早い。日本での生活も残り僅か。どんなに中国での生活や仕事への期待が膨らんでも友人との別れは切ない。何気ない会話で笑えば笑うほど意味もなく涙が出そうになる。

自分がいない職場を想像する。何も変わらず楽しい日々が続くことが悔しい。

新しい仕事にチャレンジすることは自分にとって何よりも大切。そのために今までも色々なものを犠牲にしてきたんじゃないか。立ち止まってそれを無駄にするわけにはいかない。走れるところまで走りきりたいと思う。

それが正しい選択と今は信じる。

|

« 2006S/S shopping list No.2 | トップページ | 2006S/S shopping list No.3 »

コメント

今まで毎日居た自分の職場。
自分が居なくなる事を想像してみる。
自分が居なくなっても、何一つ変わらないんじゃないかテ思う。
でもそうじゃないと思いますよ。

現にKINUサンは友人との別れは切ないテ思ってらっしゃいますし、笑えば笑うほど意味もなく涙が出そうになってらっしゃいますよね。
これテKINUサンが仕事やご友人の方にちゃんと向き合ってきたからこそ、そういう感情を抱くんだと思います。
逆を言えば、そのご友人の方も、KINUサンがそう思う分、KINUサンに対して絶対同じ思いを抱くと思いますよ。

本気で向き合ったヒトからは、ちゃんと何らかの気持ちが返ってくると思います。
もしそれが一方通行だったとしたら、KINUサンも切ないとか涙が出るとか思わないだろうし、寂しいですよ。

テ生言ってすみません。

残りあとわずかですね。
頑張ってください。

4月からも、頑張ってくださいね。

不快なコメントになっていたとしたら削除してください。


投稿: DIAMOND | 2006年3月12日 (日) 01時11分

DIAMONDさんのコメント素直にうれしいです。本当にそうであればありがたいです。

まあ結構一方通行思い込みタイプなんでどうかなってところはありますが(笑)

仕事柄転勤は多いのですが、こんなに寂しい気持ちになるのは初めての転勤以来かもしれません。それは良いことも悪いことも含めて濃い時間を過ごせたからと思います。

頑張ってと送り出してくれる友達のためにも中国での2年間を大切にしたいと思います。

投稿: KINU | 2006年3月12日 (日) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006S/S shopping list No.2 | トップページ | 2006S/S shopping list No.3 »